大自然に囲まれ、静かにそしてのんびりと限られた時間を贅沢に過ごしていただきたい。 そんな大人のためのキャンピングステージ、それが『尚仁沢アウトドアフィールド』です。
〒329-2211栃木県塩谷郡塩谷町鳥羽新田339-8
営業時間:開門 6:30AM 7:00AM〜17:00PMまで

■尚仁沢アウトドアフィールド管理釣り場に関して(10月中旬〜7月上旬まで)
※キープ券¥5,000で、3キロまでお持ち帰り出来ます。超過料金は1キロ¥2,000で買取りしていただきます。

 少し遅くなりましたが、新年、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 12月からの本格的寒さのもと、ここ尚仁沢も朝夕の冷たさは一段と格別になりました。昨日の午前中は、ポンドの中央一部に薄くではありますが氷が張りました。また、午後3時ぐらいからは、強い風も吹き厳しい一日でもありました。が、そんな中40名弱のお客様が来訪され、多種の魚の引きを楽しまれました。中には、イメージ通りの釣りが出来なかったお客様もおられたかもしれませんが、それが、また釣りの奥の深さ、次への楽しみだとも思います。薄氷はストラクチャー攻略、風は忍耐との勝負でもありました。
 また、昨日は雑誌「アングリング・ファン」の取材もありました。エリアでのミノーフィッシングでお馴染みの重田さんをフューチャーした記事です。次号をお楽しみください。フライでは常連のYさんが75cmのイトウを釣り上げました。このイトウ、西京漬けで焼いて食べると美味しいそうです。これは初耳。Yさんが、近日漬けた魚を持って来てくださるというので、今から楽しみです。
 連日の放流で、魚種も豊富にいます。今週末3連休がありますが、やはり休みとなると混み合いますので、のんびりと釣りをされたい方は、やはり平日が良いと思います。皆様のお越しをお待ちしております。

 今年は、3月11日に発生した東北大震災、さらに福島の原発事故など、日本人として改めて、自然の脅威、命の尊さ、本当に大切なこととは何か、を思い知らされた年でした。そんな中、9月19日に静かにオープンしたここ尚仁沢アウトドアフィールドですが、皆様の力をお借りし、まずは大晦日を迎えることができました。ありがとうございました。
 現在は、ポンド「シルバーレイク」による営業が主ですが、来春には、キャンプ場、カヌーイベント、ドッグランフィールドなど、随時、アウトドアアクティビティの充実を進めていきます。釣りは勿論ですが、自然観察や尚仁沢湧水トレッキング、バーベキューやキャンプ、犬との戯れなど、多彩なアウトドアの楽しみ方が出来るフィールドにしたいと思っています。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 新年は、元旦より通常営業しています。大型魚の放流も行いましたので、十分楽しめるのではないかと思います。
 最後に、皆様にとって、来年は良い年でありますように。

尚仁沢アウトドアフィールドオリジナルバーボン 年末年始の営業日のご案内です。
 年内は、30日金曜日だけ休業いたします。
 新年は元旦1日より通常営業(7:00〜17:00)
 です。
 年末年始にかけて、大型のロックトラウトとヤシオマスの放流を予定しています。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。
 地元塩谷町にある酒屋さん「たておか商店」さんが発売元になる『尚仁沢アウトドアフィールド』オリジナルバーボン。ルアー&フライフィッシングには、なぜかバーボンがよく似合います。少数生産であるにも関わらず、値段も1,500円と割り方手頃ということもあり、地道に売れています。年末年始の休みの際、コイツをちびりちびりやりながら、フライタイイングやルアー製作をするのもいいかもしれません。


 ここ尚仁沢もようやく冬が訪れた感がします。早朝ゲートを開けに外へ出ると、キ〜ンとした空気が張り詰め、身が引き締まるのが判ります。朝夕の冷え込みは格別ですので、防寒着は必需品となりました。
 そんな中、少量ですが材木が到着しました。これを使い、古民家と倉庫小屋に手を入れようと思います。また、来年度のキャンプ場オープンに向けて木の伐採もほぼ完了しました。この場所は広葉樹が豊かな山なので、なるべく手を入れ過ぎずに自然を残すテン場をイメージして作るつもりです。まだ緩やかではありますが、着々と進行していますので、どうぞ、楽しみにお待ちください。
 ポンド「シルバーレイク」の状況ですが、土曜日はフライのお客様が30匹以上釣り上げ、また、ルアーのお客様も、サクラマス狙いや大物狙いで一匹の価値を味わってくださっています。
 通常、金曜日は休業日ですが、今週の23日は祝日ですので営業いたします。
 最後にアピスTVの告知です。過日、尚仁沢アウトドアフィールドにてスミス様のインターネットテレビ取材が行われました。プライベートも含めて、何度も足を運んでくださっている安西真実さんビックフィッシュを釣りまくる大久保丸幸三さんをフューチャーしたものです。放映日は、来年1月19日木曜日です。是非、ご覧ください。

 先週の土曜・日曜は、朝夕は冷え込みましたが連日快晴で、冬としては素晴らしい釣り日和となりました。ここ「シルバーレイク」にも、各々25名前後のお客様が来場されました。ありがとうございました。
 釣果の方も、大物を求めて来られたお客様に、ルアー釣りでも餌釣りでも70cmと71cmのヤシオマスが上がりました。餌釣りの方は、常連の釣りガールMちゃんでした。

 土・日は来場者も増えていますので、一日中、自然の中でのんびりと釣りをされたい方やポイントを移動しながら大物をゲットしたい方、引数を延ばしたい方には、ウイークデイ(月曜日〜木曜日。金曜は休業日です)がおすすめです。
 リリース券購入のお客様が多いので、まだまだ大型魚は残っています。また、状態を見ながら、随時放流も予定しています。今後は、魚体が綺麗なサクラマスの放流も考えています。一人でも多くのお客様に、色々なトラウトの感触を味わっていただければ幸いです。

 12月に入り、朝夕の寒さの厳しさが一段と強まってきました。が、管理釣り場にとっては、これからが本格的シーズンです。
 ここ、尚仁沢アウトドアフィールドは、四方が木々に囲まれています。釣りを目的に来られるお客様にも、是非、四季折々の姿を堪能していただければと思っています。
 この写真は、秋の日の一枚。ブラーをかけてミニチュア風に仕上げてみました。杉をメインとした針葉樹の中に広葉樹が少しばかり混ざり、青空とのコントラストが映えて昔ながらの
日本の風景となりました。
 ポンド「シルバーレイク」の状況です。本日も、約30名弱のお客様が見えられました。水温も次第に落ち着き、コンスタントに釣れています。この写真は、クランクでビックワンを釣られたお客様の一枚です。明日は日曜日、本日同様、快晴が期待されます。

約20分の格闘の末にあがったビッグワン!! 昨日の日曜日は、延べで40名を超えるお客様が、ここでの釣りを楽しみにして来られました。遠路はるばるお越しのお客様もいられたと思います。どうも、ありがとうございました。
 そんな中、千葉県からお越しのS様が釣られたビッグワンがこの写真です。ヒットルアーはスティック。キープするに十分な一匹でした。
 栃木県内は勿論、北関東にはたくさんのいろいろな管理釣り場がありますが、奥深い山間の風情を初め、ここならではの釣りを味わっていただけるよう、これからも心がけていきたいと思っております。これからも、よろしくお願いいたします。  ※写真提供 森本義紀氏

 尚仁沢アウトドアフィールドの釣りコンセプトの礎を成す開高健、その盟友でもあった常見忠さんが亡くなられました。
 我々40オーバー世代は、彼が世に出したスプーン「Bite」での釣りが忘れられません。とりわけ、銀山湖では、このカラーがメインスプーンでした。今見ても飽きのこないフォルムとカラーだと思います。たくさんの思い出を作ってくださり、ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

 この写真は、今週水曜日朝のレストハウス内光景です。  ここ尚仁沢アウトドアフィールドは、単に釣りをすることだけではなく、ロッドを出す前の語らいも釣りの一部だと思っています。
 この日は、元中日スポーツ新聞社記者の森本さん、ベイトキャスティングスタイルでトラップスプーンメインに釣りに来られる常連Fさんが、朝一から来訪してくださいました。
 で、さらにこの日は約10年ぶりくらいでしょうか、元WILD-1釣りバイヤーで、栃木県のフライフィッシングの礎を築いてくれた鈴木さんも顔を出してくださいました。懐かしい話に花を咲かせたのは言うまでもありません。
 この後の実釣です。Fさんは、60センチオーバーのドナスチとロックトラウトをスプーンで釣り上げました。また、森本さんもスプーンで60センチ超えです。偶然ですが、2人共にヒットルアーはトラップスプーン。広告を打たない地味なスプーンですが、フェイセス同様使ってくいただければ、何かを感じ取れるスプーンです。
 ポンド「シルバーレイク」の状況です。6名でお越しのお客様が80センチ弱のドナスチを釣られました。メスのそれで、写真の通り、腹には卵を持ち体高もヒレも大変立派な魚でした。残念ながら、お仲間さんには大物がヒットせず、帰り際「また来ます」と嬉しい言葉をいただきました。  どうぞ、お待ちしております。

 シューケース内が充実しました。数年前、私が作り上げた408club。この時、大物を一番仕留めたスプーンが、鬼怒川・那珂川・中禅寺湖の大物トラウト初め、本流のサクラマスをターゲットに創られた「トラップスプーン」でした。フィールドの実績は勿論ですが、ルアーウェイト制限がない管理釣り場でも、安定して釣果を出してくれるスプーンです。私自身が、現在その副代表も務めており、当然ながら尚仁沢アウトドアフィールドでは、ショーケースの特等席にこれらを並べました。
 ミノー顔負けの細身で、カラーも綺麗でルックス抜群です。ダーデブルスプーン初めアブやミッチェルなど、オールド&ニューの製品が上手く混在し、このショーケース内も、私の目指す1本の杭となり投げ続けた開高イズムを反映できました。
 ポンド「シルバーレイク」の状況ですが、水温が下がり出したのと、30センチ前後のイキの良い魚も入れてあるので、先日、ルアーのお客様が、50匹を超える釣果を出しました。決して数釣りを目的としたポンドではないので、これには驚きました。
 主なヒットルアーは、アンフェア、クランク各種、アルミトラップ、アルカディスクロカワなどです。フライの方は、大半のお客様が良く釣れています。また、バックを気にせず振れることが、フライのお客様にも次第に浸透しだしてきたようです。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Link

category

Archive

PR

Search