大自然に囲まれ、静かにそしてのんびりと限られた時間を贅沢に過ごしていただきたい。 そんな大人のためのキャンピングステージ、それが『尚仁沢アウトドアフィールド』です。
〒329-2211栃木県塩谷郡塩谷町鳥羽新田339-8
営業時間:開門 6:30AM 7:00AM〜17:00PMまで

■尚仁沢アウトドアフィールド管理釣り場に関して(10月中旬〜7月上旬まで)
※キープ券¥5,000で、3キロまでお持ち帰り出来ます。超過料金は1キロ¥2,000で買取りしていただきます。

 水曜日と昨日、大型魚を放流しました。その甲斐あって、大型のロックトラウト、ヤシオマスが連日上がっています。
 赤身のヤシオマスは、塩引きにして食べるととても美味しいと評判です。気候に左右されるので、2月末までの限定ですが、「シルバーレイク」にて釣り上げたヤシオマスを塩引きにして食べたい方は、1週間ほど預けられ、また取りに来てくだされば、無料にてお作りします。ご希望の方は、どうぞお声がけください。そういうわけで、昨日は塩引きを作りました。
 体高が19cmもあるロックトラウトが釣り上げられました。サイズは70cm弱でしたが5kぐらいあるでしょう。刺身にしたら美味そうです。
 昨日放流した魚たちも体高のある魚が多く入っています。大型魚放流から連日ルアーが好調です。大型魚を釣りたいフライのお客様は、8番ロッドに3Xティペットあたりは必要だと思います。日中、強い風が吹くことが少なくないので、防寒対策だけは十分にお願いします。皆様のご来場をお待ちしております。

ヤシオマス85cmとトラップ5.0g#08GGO 大型魚を釣る楽しみは、皆さん格別のようです。
 一枚目の写真は、ヤシオマスの85cmです。常連のOさんが「トラップスプーン5.0gGGOカラー」で釣り上げました。本来、本流用に開発されたスプーンですが、管理釣り場でもスローからファストまで、アングラーが意図したアクションに広範囲に応えてくれ大物キラーのスプーンです。
 今では限られた小売店でしか販売されていませんが、「飽きのこない美しいフォルム、厳選されたカラー、人のアクションによってできるだけイメージ通りに動くこと、そして何より何十年と変わらないこと」。これら4点の開発コンセプトに稀有な存在として私は共感しています。
 二枚目はヤシオマスの72cmです。これでも十分に大きいです。たとえ一匹ではあっても、そのヒットした瞬間とその後のファイト、釣り上げた達成感と笑顔…。「尚仁沢アウトドアフィールド」のオーナーとして、これ以上の喜びはありません。
 気をよくして、今週の土曜日の午前中(午前10時前後)にも大型魚を放流します。道路には雪もありません。お客様のご来場をこころよりお待ちしております。

 積雪と寒さにもかかわらず、大型魚とのファイトを楽しみに来られるお客様が増えてきました。やはり、私には大型魚が似合うようです(苦笑)。
 なので、明日は刺身で食べて美味しいロックトラウト、燻製や塩引きでも美味しいヤシオマス、引きの良いニジマスなど約120kgを午前中放流(10時前後を予定)します。ヤシオマスは特大サイズも数匹入れます。
 ポンド「シルバーレイク」には、大型魚がまだまだ残っています。金曜日の休業を挟むので、週末は、また大物釣りが楽しめると思います。もし、平日時間の取れる方がいらっしゃれば、是非、明日水曜日、翌木曜日をお選びください。
 ここより上に位置する「県民の森」へのアクセスへの都合、除雪車が迅速に塩化カルシウムを撒き、また雪をどかしてくれています。本日24日午前10時の段階では、幹線道路にはほとんど雪はありません。ノーマルでもOKです。お客様のご来場をお待ちしております。

 これまで風花が舞ったことは何度かありましたが、きちんとした積雪はこの冬初めてです。それでも、お客様は大型魚を求めて朝早くからフィールドにたちキャスティングをしています。その甲斐あってか、イトウ、ロックトラウトなどが、この寒さの中でも午前中から順調に上がっています。
 昨日、入り口看板からフィールド入り口まで、凍結防止剤を撒きました。幹線道路もそれ程積もってはいません。スタッドレスタイヤであれば問題なく来られます。気をつけてお越しください。

 過日、ブログにてお知らせしましたアピスTV取材。本日19日が配信日です。のっけから安西さんに、大物がヒット。その後も、玉越さん、大久保さん含め、モンスタートラウトが続きました。ここ尚仁沢アウトドアフィールドならではのロケーションとファイトシーンを、どうぞお楽しみください。
 イトウの放流日から、連日イトウがヒットしています。また、ヤシオマスとロックトラウトも随時放流しており、モンスターを求めてお客様が来てくれています。勿論、フライのお客様も安定して釣果が出ています。
 イトウのヒットルアーは9cm前後のミノーやクランク。ヤシオマスやロックトラウトのヒットスプーンは、ダーデブルのコピーキャット7400やマニューバトライアングルのトラップ5.0g&7.5gです。オールド&ニューカマーですが、どちらのスプーンも不変的な飽きのこないスプーンです。

 イトウを狙いに、早朝よりたくさんのお客様が来場してくださいました。開始時間から約3時間で7匹ぐらいのイトウが釣りあがり、終日では17匹前後にまで達しました。
 今回のイトウ放流から持ち帰り数は1匹になりましたが、ほとんどのお客様が理解を示してくださり、また応援の言葉も多数いただきました。ありがとうございます。
 ここは管理釣り場ではありますが、やはり大物を釣るのはロマンがあります。明日も、大型魚のヤシオマスとロックトラウトの放流を予定しています。訪れた方々に、少しでも居心地の良い場所になれるよう目指していきます。皆様のご来場をお待ちしております。

 シボレーK-5ブレイザーシルバラード。ここ尚仁沢アウトドアフィールドに来た新しい仲間です。期せずして、隣りに鎮座するキャンピングカーもシボレー。早春のキャンプ場オープンに向けて、“絵”になるアイテムがまた一つ増えました。アメリカンスタイルとジャパニーズスタイルを上手に取り入れながらオンリーワンを目指します。
 話は変わりますが、本日イトウを放流しました。朝夕の気温低下で釣果はどうなるかは判りませんが、大物釣り師にとってはターゲットだと思います。
 前回のブログの通り、このイトウ放流に伴い、明日から持ち帰り引数が変更になります。これまでは大型魚の持ち帰り数は2匹まででしたが、大型魚に関しては1匹までとなります。レギュラーサイズ15匹までの持ち帰り数は変わりません。明日14日から変更となります。どうぞ、ご了承ください。


 年末年始は、たくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました。初めてのお客様から常連の方々まで、色々な話をお伺いでき、またこのフィールドとポンド「シルバーレイク」のコンセプトを話させていただきました。重ねてありがとうございました。
 そんな中、「阿久津さんと言えば、やはり大型魚しかありませんよ」の言葉を大勢の方々からいただきました。大変嬉しい言葉です。
 なんとかその言葉に応えたく、イトウを放流することにしました。今回の数は、20匹から30匹。4kg〜5kg(70cm前後)を13日の休業日中に放流します。大型魚に思いを馳せるお客様のご来訪をお待ちしております。
 尚、これに伴い一点だけ持ち帰り引数の変更をお知らせします。これまでは大型魚の持ち帰り数は2匹まででしたが、大型魚に関しては1匹までとなります。レギュラーサイズ15匹までの持ち帰り数は変わりません。14日から変更となります。どうぞ、ご了承ください。
 最後に、持ち帰り数を1匹にさせていただくことで、今後も大型魚放流の継続が行えるのではないかと思います。フィールド全体も整備し、末長く運営できるよう努力してまいります。     代表 阿久津 裕
※写真の通り、10日早朝、道路に雪はありません。また、ポンド「シルバーレイク」にも氷は張っていませんのでご安心ください。
※「シルバーレイク」にて釣り上げたヤシオマスを塩引き(下の写真)にして食べたい方へ。1週間ほど預けられ、また、取りに来てくださる方には、無料にてお作りいたします。ご希望の方は、どうぞお声がけください。気温に左右されるため、期間は1月14日から2月末日までとなります。

 少し遅くなりましたが、新年、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 12月からの本格的寒さのもと、ここ尚仁沢も朝夕の冷たさは一段と格別になりました。昨日の午前中は、ポンドの中央一部に薄くではありますが氷が張りました。また、午後3時ぐらいからは、強い風も吹き厳しい一日でもありました。が、そんな中40名弱のお客様が来訪され、多種の魚の引きを楽しまれました。中には、イメージ通りの釣りが出来なかったお客様もおられたかもしれませんが、それが、また釣りの奥の深さ、次への楽しみだとも思います。薄氷はストラクチャー攻略、風は忍耐との勝負でもありました。
 また、昨日は雑誌「アングリング・ファン」の取材もありました。エリアでのミノーフィッシングでお馴染みの重田さんをフューチャーした記事です。次号をお楽しみください。フライでは常連のYさんが75cmのイトウを釣り上げました。このイトウ、西京漬けで焼いて食べると美味しいそうです。これは初耳。Yさんが、近日漬けた魚を持って来てくださるというので、今から楽しみです。
 連日の放流で、魚種も豊富にいます。今週末3連休がありますが、やはり休みとなると混み合いますので、のんびりと釣りをされたい方は、やはり平日が良いと思います。皆様のお越しをお待ちしております。

 今年は、3月11日に発生した東北大震災、さらに福島の原発事故など、日本人として改めて、自然の脅威、命の尊さ、本当に大切なこととは何か、を思い知らされた年でした。そんな中、9月19日に静かにオープンしたここ尚仁沢アウトドアフィールドですが、皆様の力をお借りし、まずは大晦日を迎えることができました。ありがとうございました。
 現在は、ポンド「シルバーレイク」による営業が主ですが、来春には、キャンプ場、カヌーイベント、ドッグランフィールドなど、随時、アウトドアアクティビティの充実を進めていきます。釣りは勿論ですが、自然観察や尚仁沢湧水トレッキング、バーベキューやキャンプ、犬との戯れなど、多彩なアウトドアの楽しみ方が出来るフィールドにしたいと思っています。来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 新年は、元旦より通常営業しています。大型魚の放流も行いましたので、十分楽しめるのではないかと思います。
 最後に、皆様にとって、来年は良い年でありますように。


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Link

category

Archive

PR

Search